男女雇用機会均等法が施行されてから30年以上経ち、男性と同じようにバリバリとキャリアを積んでいる女性も少なくない世の中となりました。しかし、独身の間は寝る間も惜しんで仕事に邁進できても、結婚生活をしながらとなると独身時代と比べて状況は随分違ってくるのではないでしょうか。実際に、家事や育児で男性よりも女性の方がより負担がかかることは否めないので、結婚は女性にとって大きな決断が迫られる時と言っても過言ではありません。

 女性の中には、「結婚後も仕事がしたい!」という人も大勢いるはずです。そんな方は思い切って、家事はハウスキーパーに頼んでみてはどうでしょう。そうすれば、貴重な時間を家事に割く必要はなくなり、夫との時間も設けられます。一方、「結婚生活が大切だから仕事は辞めるけど、子育てが一段落したら社会復帰したい!」と考えている方は、子供が幼稚園に行くようになったら、復職に向けて資格取得を目指すというのも一つの手段でしょう。

 大切なことは結婚をしたからといって、自分が何かを犠牲にしているように感じてはいけないということです。まずは配偶者と話し合い、どのような結婚生活を送って行くのかという方向性を決めましょう。そして場面に応じて家事の代行サービスを利用したり、転職をしたりして家事や育児と仕事を両立させるといった、自分に合った働き方を選ぶのも良いかもしれません。結婚は男性にとっても女性にとっても、人生の上での大きな決断になります。しかし、独身時代よりも精神的に充実した生活を送ることができるチャンスでもあるので、一番ベストな方法をパートナーと話し合いましょう。