愛する人との結婚を望んでも、仕事を考えると躊躇してしまう女性は多いです。特にキャリアアップに力を入れていたり、仕事に情熱を傾けている人にとっては難しい問題で、妊娠や出産、子育てに関しては負担が大きくなります。これに関しては、どれだけ男性が協力してくれても、代わってもらうわけにはいかず、自分で行うしかありません。ただ、妊娠と出産は代わってもらえませんが、子育てと結婚生活に関しては、夫婦2人で築き上げて行くものなので、パートナーによってはむしろ働きやすくなったというケースもあります。

 子供を望まない場合はその傾向がさらに高く、相手によって環境が大きく変化するのは男女共に同じと言えるでしょう。しかし、子供の誕生を願う場合は大きな決断が必要で、育児休暇を取得したとしても、その間の能力や知識が落ちてしまう場合があります。また、ハードな職場の場合は、会社に戻りにくい場合も出てきます。そういった時には、転職を考える必要も出てくるでしょう。

 大切なのは自分が納得できる、暮らしやすい環境を得るということになります。結婚はリスクを負うのではなく、パートナーと共に乗り越えていくという認識を持つのが理想なので、自分だけですべてを抱え込まないようにしましょう。結局のところ決断は自分自身でするしかなく、その時に大事なのは後悔しないようにすることです。自分にとって本当に大切なものは何かを見極めることが重要になるのです。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required