今までは多くの女性が結婚生活に入る時に、仕事を辞めざるをえませんでした。昔は今のような多彩な働き方が認められてはいませんでしたし、時短勤務制度などの概念自体が知られていなかったからです。ですから、仕事か家庭のどちらかを選択しなければならないという、大きな決断を強いられていたわけです。しかし最近では、仕事と家庭の両立をする女性が珍しくなくなってきました。労働力が減少していて、女性の力も社会に必要とされ始めているからでしょう。女性は専業主婦をして家庭を守るべきだという考え方は、随分なくなってきたのではないでしょうか。

 前述の時短勤務制度はもちろん、育児休暇を取得させてくれる会社も増えてきていることが背景にはあります。社会全体で、仕事と家庭の両立ができるようにと進化をしてきているのです。特に男性が少ない職場においては、手厚い福利厚生が利用できる場合が多くなりました。看護師の世界もそうですし、保育士や介護士の世界もそうです。こうした仕事の場合は、思い切って一年程度育児休暇を取得するケースも珍しくありません。また、子供が大きくなってから復職をするという選択肢もありますから、今の時代は結婚をするからといって仕事を完全に辞めてしまう必要性はどこにもないのです。

 ただし、職場選びは慎重に行う必要があるでしょう。家庭があっても休みが取りにくいという職場もあるので、そういう場合は転職という方法も視野に入れなければいけません。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required